函館の名所「トラピスチヌ修道院」美しい桜の景観

桜の美景観
出典認可済:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」
スポンサーリンク

函館市郊外の小高い場所に位置する「トラピスチヌ修道院」。桜の咲く4月下旬ごろから5月中旬には真っ白なマリヤ像と少し濃い目のピンクの桜と見事にマッチしたこの光景は美景観です。静かなたたずまいにマリヤ様の清楚な姿に心が洗われる瞬間でもありす。

「トラピスチヌ修道院」函館の観光スポット

北海道の観光名所の一つに、函館市郊外の小高い場所に位置する「トラピスチヌ修道院」があります。美しい赤レンガ造りの洋風建築で異国情緒たっぷりの建物があり、エントランスには真っ白なマリア様の像が微笑んで温かく迎えてくれます。

出典:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

「トラピスチヌ修道院」は桜の開花時には見事なソメイヨシノでしょうか?少し濃い目の色合いがとてもきれいです。

赤褐色が目立つレンガ造りの洋館の建物と真っ白なマリヤ様像とピンクの桜のコントラストは感動を与えてくれる美しい景観です。

桜の木の本数は少ないですが、見ごたえのある大木、老木ですね。

青い空と満開の桜

函館トラピスチヌ修道院の桜をズームイン

修道院という場所柄でしょうか、汚れを知らない清楚で聡明感ただよう空気感に満ち溢れた見事なさくらです。

「トラピスチヌ修道院」とは

西暦1898年(明治31年)、フランスから派遣された8人の修道女によって創立された、日本最初の女子観想修道院です。

トラピスチヌ修道院はいわゆる観光施設ではなく、祈りの場。ひとつひとつの施設のもつ意味を知って、心静かに訪ねてみてはいかがでしょう。

花の中央は濃いめのピンク味、花びらは柔らかいピンク色、調和のとれた鮮やかな色彩は、北海道ならではの透き通ったスカイブルーの空と見事なコントラストである。

久しく見たことのない桜の美しさは感動とともに心満たされました。

この桜鑑賞はぜひおすすめしたいですね。

函館トラピスチヌ修道院の桜を鑑賞・入園は

 

    • 所在地:函館市上湯川町346
    • 入場料: 無料
    • 開館時間 8:10~17:30
    • 休館日 水曜
    • 駐車場 市営駐車場あり
    • もよりの駅 函館バス・トラピスチヌ前下車 徒歩10分

情報と写真一部出典:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」から

 

北海道 道南エリアMAP

コメント